2010年06月11日

首相動静(6月10日)(時事通信)

 午前8時現在、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。朝の来客なし。
 午前8時41分、同ホテル発。「国会会期を延長しない方向か」に「…」。同48分、官邸着。同49分、執務室へ。同58分、同室を出て、同59分、大会議室へ。同9時、口蹄(こうてい)疫対策本部開始。
 午前9時8分、同本部会合を途中退席し、同9分、官邸発。同15分、東京・平河町の撮影スタジオ「麹町スタジオ」着。党広報用写真撮影。安住淳民主党選対委員長同席。
 午前11時14分、同所発。同20分、官邸着。同21分、執務室へ。
 午後0時3分から同11分まで、寺田学首相補佐官。同12分、執務室を出て首相会議室へ。同13分、仙谷由人官房長官、枝野幸男民主党幹事長が入った。同27分、樽床伸二民主党国対委員長が加わった。
 午後0時59分、全員出た。同1時、首相会議室を出て執務室へ。同2分、仙谷官房長官、民主党の枝野幹事長、菊田真紀子衆院議員が入った。同5分、枝野、菊田両氏が出た。同18分、阿久津幸彦首相補佐官が加わった。
 午後1時35分、仙谷、阿久津両氏が出た。
 午後2時、執務室を出て、同1分、小ホールへ。同2分から同20分まで、各府省事務次官への指示。同21分、小ホールを出て執務室へ。
 午後2時35分から同3時5分まで、全国知事会長の麻生渡福岡県知事ら。仙谷官房長官、逢坂誠二首相補佐官同席。同9分、執務室を出て特別応接室へ。同10分から同24分まで、北朝鮮による拉致被害者家族と懇談。仙谷氏、中井洽拉致問題担当相ら同席。同25分、同室を出て執務室へ。
 午後4時、執務室を出て、同1分、大会議室へ。同2分から同35分まで、新聞・通信各社などの論説委員らと懇談。
 午後4時36分、大会議室を出て南会議室へ。同37分から同58分まで、在京民放5社解説委員らと懇談。同59分、同室を出て執務室へ。
 午後5時6分、執務室を出て小ホールへ。同7分から同34分まで、内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。同35分、同ホールを出て執務室へ。
 午後5時50分から同6時6分まで、韓国の李明博大統領と電話会談。仙谷、福山哲郎正副官房長官、外務省の藤村修副大臣、斎木昭隆アジア大洋州局長同席。
 午後6時24分、執務室を出て特別応接室へ。同25分から同28分まで、報道各社のインタビュー。「参院選の獲得目標に掲げた50議席では、単独過半数に達しないが」に「第1段階としては、6年前の獲得議席を一つの第一目標にしていきたい」。同29分、同室を出て執務室へ。同35分、福山官房副長官が入った。同49分、寺田首相補佐官が加わった。同57分、福山、寺田両氏が出た。同7時2分から同14分まで、寺田氏。同17分、同室を出て、同19分、官邸発。同20分、公邸着。
 午後7時21分から同46分まで、伸子夫人とともに下見。同47分、公邸発。同56分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。
 11日午前0時現在、宿泊先のホテルニューオータニ。来客なし。
(了)

宮崎・都城に飛び火か=牛に口蹄疫症状、殺処分(時事通信)
東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
中1長女に暴行、父親の養護学校教諭を逮捕(産経新聞)
<口蹄疫>必死で守ったエース級種牛 「奇跡だ」との声も(毎日新聞)
<民主党>幹事長に枝野氏か 組閣は来週にずれ込む可能性(毎日新聞)
posted by マミヤ ケイスケ at 22:42| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

行方不明の三男を逮捕=兵庫・明石の女性殺害―県警(時事通信)

 兵庫県明石市の民家で、女性(48)が殺害された事件で、県警明石署捜査本部は27日、殺人容疑で指名手配していた大学1年生の三男(18)を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は18日午後、女性を刃物で殺害した疑い。
 捜査本部によると、三男は福岡県東峰村の路上で、同県警朝倉署員の職務質問を受け、学生証などから身元が判明したという。
 捜査関係者によると、三男は行方不明となる数日前に親族から借金していたという。捜査本部は女性殺害と関連があるとみて、動機などを調べる。 

【関連ニュース】
国道側溝に男性の切断遺体=胴体と両足、死体遺棄で捜査
パチンコ店で男性切られ死亡=逮捕の男「誰でもよかった」
不明の三男を指名手配=母親殺害容疑
強盗強姦未遂容疑で男逮捕=ほかにも5件関与か
「雷雨の日」、情報求める=発生1年でチラシ配布

「極刑に」 大阪・梅田のひきずりひき逃げ事件公判で遺族陳述(産経新聞)
<八街殺人放火>強殺容疑で父娘を送検…千葉県警(毎日新聞)
<こち亀>曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?(毎日新聞)
メンバー・日程、非公表 朝鮮学校無償化検討会議、異例の対応に(産経新聞)
郵便不正 村木被告「感謝」とコメント(産経新聞)
posted by マミヤ ケイスケ at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

性犯罪、殺人で量刑重め=死刑と無罪ゼロ、無期8人―判決521人・裁判員制度1年(時事通信)

 裁判員制度がスタートしてから21日で1年。裁判員裁判は昨年8月から521人の被告に判決が言い渡され、このうち強姦(ごうかん)致傷罪などの性犯罪や殺人罪の量刑で重めの傾向があることが20日、時事通信のまとめで分かった。死刑と無罪はゼロ。無期懲役は強盗殺人や集団強姦致傷罪などで8人だった。19日までの集計結果によると、検察側求刑に対する判決の量刑割合は全体の平均で77%。罪名別では強姦致傷罪(集団罪も含む)が85%、強盗強姦罪83%、殺人罪も80%とやや高めだった。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
トランクに運転手遺体=首に傷、車に燃えた跡
求刑上回る初の判決=わいせつ致傷事件の裁判員裁判

大久保元秘書を聴取=小沢氏処分近く協議―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
喉から手が出る郵政票 小沢氏、法案成立を約束 (産経新聞)
口蹄疫 スーパー種牛を殺処分 全国ブランドに衝撃(毎日新聞)
宅配装い女性宅に押し入る 強盗グループ3人逮捕(産経新聞)
刑務官暴行 「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
posted by マミヤ ケイスケ at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。