2010年03月18日

「トレーダー主婦」に実刑判決…出資法違反事件(読売新聞)

 「関西初の女性トレーダー」との触れ込みで、元本保証をうたって株式投資を募ったとして出資法違反(預かり金の禁止)に問われた主婦岩田矩子(ともこ)被告(55)の判決が18日、大阪地裁であった。

 出口博章裁判官は「株式投資の規模を無計画に拡大し、出資者は甚大な被害を被った」として、懲役2年8月、罰金200万円(求刑・懲役3年、罰金200万円)の実刑判決を言い渡した。

 出口裁判官は「岩田被告は2001年以降、22億円以上を集めた。07年末には損失の累計が1500万円を超えたのに無謀に出資を募り、被害を一層深刻にした」などと指摘した。

 判決によると、岩田被告は07年4月〜09年1月、元本保証と配当の支払いを約束して26人の男女から銀行振り込みや手渡しの方法で計約2億3700万円を集めた。

口コミ商品紹介 業界ガイドライン策定 「広告ブログ」明記を(産経新聞)
SS身柄引き渡しに官房長官「司法が適切に判断」(産経新聞)
<硫化水素自殺>製造中の車内で従業員が 愛知・トヨタ車体(毎日新聞)
治験・臨床研究の活性化に向けてセミナー開催―製薬協(医療介護CBニュース)
暴力追放運動リーダー宅に発砲、工藤会関与か(読売新聞)
posted by マミヤ ケイスケ at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

桜危機の吉野守れ、地元・保勝会が住民説明会(読売新聞)

 立ち枯れなどの被害が指摘されている桜の名所・吉野山(奈良県吉野町)で、桜の保護活動をしている「吉野山保勝会」(会長=北岡篤・吉野町長)は13日夜、初めての住民説明会を同町の吉野山ビジターセンターで開いた。

 参加した住民約70人に、桜が衰退している現状や今後の植樹方針などを報告した。

 説明会では、保勝会の水本和幸・渉外部長がまず、「樹勢が衰えた桜の木には、コケや菌類が繁殖し、立ち枯れなどの被害が出ている」と現状を説明。2008年に発足した「吉野山サクラ調査チーム」団長の森本幸裕・京都大大学院教授も、音波を使った幹の診断の結果、「多くの桜に腐食による空洞があることを確認した」とし、土壌が樹木を腐らせる菌に汚染されていると報告した。

 また、保勝会では現在、桜の種約1000粒をプランターで育てており、5月中旬には苗を植える計画だという。

 報告を聞いた民宿経営の東広明さん(26)は「これまで以上に危機的状況だと痛感した。地元の若者として桜を守る活動に積極的に参加し、後の世代に吉野の桜を伝えていきたい」と話した。

築地市場移転、土壌汚染問題 都「無害化実験、8割成功済み」(産経新聞)
路線バスにひかれ3歳児死亡=運転手を現行犯逮捕−東京・練馬(時事通信)
<脅迫容疑>部下を車内に4時間“軟禁” 大和市職員を逮捕(毎日新聞)
<再リコール>ヤンマー修理済み製品が発火(毎日新聞)
<雑記帳>アルコール分完全ゼロのワイン風味飲料 山梨(毎日新聞)
posted by マミヤ ケイスケ at 05:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

日本人の3割超が花粉症(医療介護CBニュース)

 日本人の3割超が花粉症に悩んでいるとの意識調査の結果を、ウェザーニューズが3月4日発表した。地域別では、関東・東海地方で多く、九州地方では少なかった。

 意識調査は2月20-22日に実施し、ウェザーニューズの携帯サイト利用者5万3946人(男性37.6%、女性62.4%)から有効回答を得た。

 それによると、「周りの人の何割くらいが花粉症か」(「1割未満」から「10割」までの11の選択肢の中から選択)について集計したところ、32.2%が花粉症との結果だった。都道府県別では、静岡(38.2%)が最多で、次いで群馬(38.0%)、山梨(37.3%)、栃木(36.91%)、三重(36.85%)の順。関東・東海では全都県が全国平均を上回った。一方、少ないのは鹿児島(21.3%)、富山(24.8%)、長崎(24.9%)、青森(25.1%)、鳥取(25.2%)で、九州の全県が全国平均を下回った。
 ウェザーニューズでは、「花粉飛散が多いエリアほど、花粉症に悩んでいる方が多い傾向にある」としている。


【関連記事】
花粉症による精神的負担、「10万円以上」が14%
タクシー会社が「花粉症通院休暇」導入へ
花粉症改善に「舌下減感作療法」
来春のスギとヒノキの花粉飛散、例年より少ない傾向
スギ花粉症の6人に1人が「アレグラ」服用

<恐竜絶滅>1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ(毎日新聞)
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意”(産経新聞)
19億円脱税容疑で公認会計士を起訴 GWG脱税事件(産経新聞)
<北野武さん>初の展覧会、パリで(毎日新聞)
社民「国外」国民新「シュワブ陸上」移設案提示(読売新聞)
posted by マミヤ ケイスケ at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。