2010年03月24日

<足利銀行訴訟>元専務に18億円支払い命じる 宇都宮地裁(毎日新聞)

 03年に経営破綻(はたん)し一時国有化された足利銀行(宇都宮市)が、ゴルフ場経営会社へのずさんな融資で損害を受けたとして、旧経営陣を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決が18日、宇都宮地裁であった。今泉秀和裁判長は、元専務2人に対し請求通り18億円を整理回収機構(RCC)に支払うよう命じた。

 判決によると、元専務2人は93年12月の経営会議で、埼玉県秩父市のゴルフ場経営会社「荒川観光開発」に対し、回収の見込みがないことを知りながら、ゴルフ場開設資金として追加融資を決定。94年1月から99年3月にかけて約92億円を融資し、少なくとも約88億円の損害を与えた。

 今泉裁判長は、追加融資の決定が「将来の景気回復という不確定な事情のみに依拠していた」と指摘。そのうえで「(融資の)判断の前提となる調査に合理性は認められず、判断自体も不合理だった」として、2人の注意義務違反を認めた。足利銀行は賠償請求権をRCCに譲渡していた。

 RCCの上田広一社長は「判決は当社の主張を検討し、適切な判断を示したもので高く評価したい」とコメントした。足利銀行は、粉飾決算による違法配当などで銀行に損害を与えたとして、旧経営陣や元監査役ら17人と監査法人に総額約50億円の賠償を求め、この訴訟を含む3件の訴訟を起こし、元専務2人を除くすべてで和解が成立している。【吉村周平】

<太平洋戦争>死者名簿など資料、公文書館に移管へ(毎日新聞)
<山岡国対委員長>外国人選挙権法案は今秋以降に先送り(毎日新聞)
<野焼き3人死亡>安全性は感覚で判断 4団体代表が会見(毎日新聞)
公立病院医師ら書類送検=薬誤投与の疑い−青森県警(時事通信)
強盗殺人の被告に無期懲役求刑…長野地裁(読売新聞)
posted by マミヤ ケイスケ at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

アパート前で男女が言い争い=女性会社員の失跡直前−海岸の遺体事件・福岡県警(時事通信)

 福岡市西区の能古島北東部の海岸で、同市博多区の会社員諸賀礼子さん(32)の下半身の一部が見つかった事件で、諸賀さんが失跡する直前に自宅アパート前で男女が言い争いをしていたことが17日、捜査関係者の話で分かった。福岡県警博多署捜査本部は、諸賀さんの周辺で事件につながるトラブルがなかったかを調べるとともに、18日も島の海岸などの捜索を続けて上半身などの発見を急ぐ。
 捜査関係者によると、今月上旬、諸賀さんが住む博多区堅粕のアパート前路上で、男女が言い争っている声を近所の人が聞いていた。
 捜査本部や勤務先の会社によると、諸賀さんは1人暮らしで、5日午後7時に退社してから、社内ゴルフのために同僚が自宅アパートに迎えにきた6日午前5時までの間に事件に巻き込まれたとみられる。 

【関連ニュース】
島の海岸など捜索=女性遺体遺棄
海捜索中に「林の方かも」=上田容疑者、同居の男に
強盗殺人罪、女を追起訴=2人目殺害、詰めの捜査
山中に遺体の頭部=74歳男を逮捕
運転手殺害で再逮捕へ=容疑者宅を連日捜索

社民、同意人事に反対=原子力安全委、推進派起用で(時事通信)
『嫌韓流』作者のマンガ新刊 「日本の若者は高齢者の奴隷だ」(J-CASTニュース)
高支持率「みんな」強気、参院選に積極擁立へ(読売新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(斎藤議員)(産経新聞)
事前面接解禁を削除=派遣法案で政府・与党が合意(時事通信)
posted by マミヤ ケイスケ at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

<奈良の妊婦死亡>遺族が控訴断念(毎日新聞)

 奈良県大淀町立大淀病院で06年8月、同県五條市の高崎実香さん(当時32歳)が分娩(ぶんべん)中に意識不明となり、19病院に受け入れを断られた末に死亡した問題を巡る訴訟で、遺族側は15日、町と産科医に求めた賠償請求を棄却した今月1日の大阪地裁判決について、控訴しないことを決めた。

 大阪地裁判決などによると、分娩のため大淀病院に入院していた実香さんは、06年8月8日午前0時ごろ頭痛を訴え、間もなく意識不明となった。19病院に受け入れを断られ、午前5時47分、約60キロ離れた国立循環器病センター(大阪府吹田市)へ搬送。実香さんは長男奏太ちゃん(3)を出産したが、同月16日に死亡した。判決は「救命の可能性は極めて低かった」などとして、遺族側の請求を退けた。

【関連ニュース】
妊婦転送死訴訟:遺族の請求棄却 裁判長、救急医療充実を
奈良・妊婦死亡問題
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 「救急充実願う」大阪地裁判決言及 遺族請求は棄却
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 救命可能性どう判断 診断ミスも争点−−来月1日判決
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 「受け入れ体制作り必要」−−大阪地裁 /奈良

<就職内定率>大学生80.0% 00年以降最低の水準(毎日新聞)
河合誓徳氏死去(陶芸家、日本芸術院会員)(時事通信)
<DAYSフォト大賞>1位に「ケニアの干ばつ」(毎日新聞)
2か月女児を揺さぶり殺害、容疑の母親逮捕(読売新聞)
<高千穂峡>落石で小2男児が骨折…ボート遊覧中 宮崎(毎日新聞)
posted by マミヤ ケイスケ at 12:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。